ハウスクリーニング 浴室 お風呂 パナソニック 東京都世田谷区 

神奈川県川崎市でナショナル・パナソニックの浴室・お風呂をクリーニングしてきました。

パナソニック 床

神奈川県・川崎市で行った、ナショナル・パナソニックの浴室の作業風景をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

グレーの床は高級マンションやデザイナーズマンションなどによく使われています。
このグレーの床は見た目はおしゃれな感じがしていいのですが、こびりついた汚れを落とすのが非常に難しい素材です。
理由としては、固めのブラシで擦ってしまうとすぐに傷がついてしまうからです。今お掃除屋さんが最も嫌がるお風呂の素材の一つではないでしょうか?

 

床が白くなり始めた時にお客様自身でお掃除をしていたそうですがまったく取れず、あきらめて放置していたらこんなに白くなってしまったそうです。


エプロンの蓋です。水垢や、石鹸かす汚れがついてしまうと、ツヤがなくなってきてしまいます。汚れがひどくなると、黄色やピンク色の汚れが付着してきます。

パナソニック エプロン ビフォー

パナソニック エプロン蓋 アフター


 

浴槽の縁周りです。水が残りやすいのでここも気を付けなければ、このように水垢だらけになり感触もガサガサになってしましいます。

PANASONIC 浴室 縁 ビフォー

PANASONIC 浴室 縁 アフター


 

水分が残ったまま、浴室乾燥機で室内を乾燥させると壁や鏡などいろんな所に水垢がついてしまいます。鏡面のパネルについた水垢は固いものでこするとすぐに傷がついてしまうので、こうなってしまったらプロの掃除屋さんにお願いした方がいいとおもいます。

PANASONIC 浴室 壁 ビフォー

PANASONIC 浴室 壁 アフター


 

壁同様、水分が残ったままだとこのように水垢がびっしりついてしまいすので、せっかくの高級感あふれる素材が台無しなってしまいます。

PANASONIC 浴室 床 ビフォー

PANASONIC 浴室 床 アフター


エプロンの中にも固くなった水垢と汚れがついていました。開けた時は臭いが結構あったのですがクリーニング後は嫌な臭いもなくなり、清潔になりました。

PANASONIC 浴室 エプロン内部 ビフォー

PANASONIC 浴室 エプロン内部 アフター


 

画像で白くなっているように見えるのは椅子などを引いた後の擦り傷です。パナソニックの床はこのように傷が入っているととても目立ちます。

パナソニックの浴室の床のビフォー

パナソニックの浴室の床のアフター


ハウスクリーニングのご依頼から作業当日までの流れについて

ステップ1 お問い合わせ

お電話またはメールでお申し込み下さい。
その際、クリーニングの希望箇所、クリーニングのご希望の作業日時をお知らせください。
見積もりが必要であれば、お見積りの日時の打ち合わせをさせて頂きます。

 

ステップ2 作業前の確認

作業日時に担当のスタッフがお伺いし作業開始前にお客様と一緒にクリーニング箇所の確認をします。
破損箇所、汚れの落ち具合、作業時間、作業終了後にお支払いいただく料金について説明させていただきます。

 

ステップ3 作業開始

ステップ2で説明させていただいたことにすべてご納得頂いてから荷物を搬入し作業の開始となります。

 

ステップ4 作業終了後

作業終了後、お客様と一緒に仕上がり確認を致します。
問題が無いようであれば、荷物を撤収し代金をお支払いいただき作業は終了となります。